爌肉飯はいいぞ

爌肉飯はいいぞ

のこのこです。

今日は彰化の名物をひとつ、紹介しようと思います。

写真がクソみたいですね。すみません笑
でもこれ美味いんですよ。詳細は続きをどうぞ!

何だこれ?

このメシの名前は「爌肉飯(クアンローファン)」。彰化三大名物のひとつです。
上に乗っているのは巨大な豚の角煮。豚の角煮の後ろにあるのは目玉焼きです。

これに特製のタレがかかったご飯と、選べる2種類のおかず(写真は塩茹で野菜と筍)で、

お値段なんと75元(約270円)!

彰化だけではなく、台湾全土で売られている食べ物なので、台北や高雄でも食べられますが…
本場は何と言っても彰化なので、彰化に来られる機会がありましたら皆さん是非食べに来てください!!

オススメの店はここだ!昼編

老朱爌肉飯
彰化縣彰化市中民街31號
営業時間 6:00 – 14:30

駅からは少し離れているのですが、爌肉飯が単品で40元(約145円)と付近では最も安く、
昼間は地元の皆さんで混雑しています。

オススメの店はここだ!夜編

阿璋爌肉飯
彰化縣彰化市南郭路一段8號
営業時間 17:30 – 翌2:00

こちらも駅からは離れています。爌肉飯は単品で50元(約180円)と平均的な価格ですが、
付近の爌肉飯店の中では最も衛生的な環境で調理をしているようです。付け合せも美味しくてオススメです。

爌肉飯?それとも控肉飯?

実はこの爌肉飯、他にも幾つか呼び名がありまして、最も多く用いられているのは以下の3つです。

「爌肉飯(クァンローファン)」
「控肉飯(コンローファン)」
「炕肉飯(カンローファン/カンバップン)」

他にも部首の違い等で幾つかのバリエーションがありますが、
これは元々、台湾語で「カンバップン」という音しか無かったものを漢字に当てはめたのですが、
各所でそれぞれ思い思いの字を当てはめた結果、このようなことになったようです。

とりあえずはどれでも通じるようなので、そんなに気にしなくても大丈夫みたいですよ!

終わりに…

彰化に来てくれる人向けに書こうと思って筆を執ったのだけれど、
普段行っている店が奥にある地元民御用達の所ばかりで、
気が付いたら来れるもんなら来てみろってレベルの紹介になってしまった。

台北の市街地でも食べられます。多分。
でも彰化良いとこだから遊びに来てね!!

今日の作業用BGM

「山へ行こう、次の日曜、昔みたいに、
雨が降れば、川底に沈む橋越えて」

晴れたらいいね by DREAMS COME TRUE / 作詞:吉田美和

彰化カテゴリの最新記事