台湾で、半年で10キロ痩せる方法

台湾で、半年で10キロ痩せる方法

のこのこです。

この度、なんと、

台湾で半年で10kgもの体重を落とすことに成功しました!!マジで!!

台湾と言えばグルメ、グルメと言えば台湾。僕だって台湾グルメファンの一人です。
そんな僕が台湾に居ながら10キロの減量に成功した方法を、今回は特別に大公開!!

アフィリエイト、広告一切無し、100%実話のみです。
その代わり、もちろん美味しい話なんか一切ありませんので、過度な期待はご遠慮ください笑

それではどうぞ!

ダイエットを始めたきっかけ

小さい頃から周りの人たちに比べて恰幅の良かった僕は、小学校卒業時には身長はかなり高い方でした。
それに合わせて体重もそこそこあったのですが…

中学に入ってみるとあら不思議、身長の伸びだけ忘れたかのように止まってしまい、元々上に伸びる筈だった分がどんどん横へ…

気がつけば身長は日本人の平均に届かず、横幅だけが過剰であるという残念な事態に陥ってしまいました。

ですが、当時の僕はいわゆる典型的な”オタク”だったのでそんなことは露程も気にせず、口だけは彼女が欲しいと一丁前にほざいている完全に残念な勘違い学生となってしまいました。

そして中学、高校を経て、高校を卒業する頃には痩せようと思い立ったものの、仕事があったり語学学校があったりで中々思うように時間が取れず。
台湾に来るにあたりようやく自分の時間がしっかりとれるようになったこと、また一人暮らしを始めたので食生活を調整可能になったことがきっかけで、本格的な減量を始めるに至りました。

ちなみにダイエットをしていることを友達に伝えると、よく「好きな人できたんだろ?」とかそっち方面を探られるのですが…全然そんなこと無いんです。もう長いこと人に惚れてません!!それはそれでヤバいけどな!!

フジテレビ系列で2006年に放送されていたドラマ「結婚できない男」の中で、阿部寛さんが演じる主人公の桑野信介がジムに通う理由を問われ、「自己実現というのは、自分の中だけで完結することもあるんです。」と返す場面があるのですが、正にこれですね。

ダイエット開始時の体重

こちらは半年前、平成29年11月18日の計測結果です。

体重: 76.7kg

BMI: 27.5

体脂肪率: 25.0%

かなりヤバい状況だったことがお分かり頂けるかと思います。
我ながらよくまあこれで放置していたもんだと…恥ずかしいですね笑笑

約半年が経過した現在の体重

体重: 66.5kg

BMI: 23.8

体脂肪率: 18.9%

こちらが本日、平成30年4月27日の計測結果です。ダイエット開始から5か月と10日が経過しました。

体重 76.7kg → 66.5kg (-10.2kg)

BMI 27.5 – 23.8 (-3.7)

体脂肪率 25.0% – 18.9% (-6.1%, -6.6kg)

如何でしょうか。このダイエットの目標は僕の身長167cmの理想体重とされている61.4kgですので、残り5.1kgの減量をしないといけませんが、まずは10kgの減量を達成した記念に、ここまでの経過をまとめておきたいと思います。

なお、このダイエットの過程で僕はサプリメントや薬品を一切使っておりません。唯一飲んでいたのはソイプロテインのみです。
市販されているサプリメントや薬品にも一定の効果があるのだとは思いますが、そういった商品に頼らずとも痩せることはできる、ということをお伝えしたいです。特に学生なんかじゃお金が無いもんで、サプリメントを買い漁る訳にも行きませんしね。

僕のダイエット法

ダイエットを始めるにあたりインターネット上の様々なサイトを参考にしましたが、最終的には痩せる原理を単純に考えてみることにしました。

「消費カロリー > 摂取カロリー」の法則を守り続ければ、停滞期こそあれど足りない分は自動的に体内に蓄積された分から補われる、ということです。

そして、巷にダイエット方法は数あれど、ダイエットの手段はざっくりと以下の2つに分けられます。

運動食事制限です。

運動で消費カロリーを増やし、食事制限で摂取カロリーを減らす、これが基本です。

以上の2点を踏まえ、僕は以下のように運動と食事制限を行いました。

運動

  • ジムへ行く(1週間に2回)
    上半身を鍛える日と下半身を鍛える日に分け、全身の筋肉に同時に負荷をかけないようにする。
    1度のトレーニング時間は1時間ほど、最後にクロストレーナーを100kcal分こなす。
  • ランニングをする(1週間に3~4回)
    インターバル走を採用。1km~1.5kmを走り、500mを歩く。これを走った距離が4~4.5kmになるまで続ける。
    1度のランニング時間は1時間ほど。走る距離はその日の体調を考えて適宜調整する。
  • 休息日(1週間に1~2回)
    毎日身体を動かしていると必ずどこかが痛み出しますし、そもそも僕みたく継続性の無い人間は途中で投げ出してしまう場合が多いので、適度に休息日を入れることも大切です。体調が悪いと思ったらその日は無理せず休みましょう。

食事制限

  • 朝食…軽めのものを中心に
    果物、サラダ、コーンフレーク、ヨーグルト等。食物繊維の摂取を心がける。
  • 昼食…食べたいものを食べる
    ここで食に対するストレスを発散しておかないと、普通の精神力では絶対に継続できません。
    肉でも米でも、その時に食べたいものを食べるようにしていました。
    食べ過ぎが心配になるとは思いますが、この生活を続けていると段々と胃の容量が小さくなってきますので、そもそも沢山食べられなくなります。少しの量で満足できるので、身体にも財布にも優しいですね。
  • 夕食…ソイプロテイン 300g
    ここが僕のダイエットの最大のポイントです。
    夕食をソイプロテインのみにすることで、就寝前の消化活動を可能な限り抑え、朝一番に計る体重の数値を良いものにすることができます。
    昼食で食べたいものを食べたので、夕食を我慢するストレスはさほど大きくありませんでした。
  • 間食…ガムを噛む
    ガムを噛むことで口内の寂しさを解消し、空腹感を紛らわすことができます。
    ガムにも色々な味がありますので、噛み比べをしてみるのも楽しかったです。
  • 飲み物…お茶を中心にする
    台湾のお茶はほとんどが甘いお茶なので、糖分の心配があるとは思いますが、僕はそこまで制限する必要は無いと思いましたので飲みたいお茶を飲んでいました。

こんな時どうする?

  • 夕食を誰かと食べることになった!!
    せっかく友達と夕食を食べるのに、自分一人だけ我慢していたら勿体ないですよね。
    こういう時は夕食をしっかり食べて、次の日の昼食を朝食と同じような軽い構成にすれば、体重の増加を抑えることができます。
  • 身体に悪いものが食べたい!!
    特にダイエットを始めた時はこの欲求が起こりやすいと思います。ですので週に1度は昼ご飯の時にでも身体に悪いものを食べておきましょう。こってりのラーメンとか、脂身たっぷりの爌肉飯とか、糖分たっぷりのお菓子とか…
    そうでもしないと絶対に長続きしません!!笑

ダイエットお役立ちグッズ

僕、これでもIT業界に片足突っ込んで生きてる経営者の端くれなので…今回のダイエットも「スマート」にやることにしました!

まず、今回のダイエットに使ったスマートデバイスは以下の2つです。

XIAOMI Smart Weight Scale XMTZC02HM (スマート体組成計) 詳しい情報はこちら(GearBest)
約6,000円(平成30年4月28日現在)

Bluetoothを搭載し、計測した体重を自動的にスマートフォンに記録してくれる体重計です。

体重、BMI、内臓脂肪指数、体脂肪率、筋肉量、水分量、基礎代謝、骨量、ボディスコアの9項目を記録でき、体重と体脂肪率の変化をグラフにして閲覧することができます。また、同年齢・同身長の人との比較もできるので、ダイエットの目標を立てるのにも役立ちます。

これだけの性能を持ったスマート体重計が記事執筆時点で6,000円程度で買えてしまう、価格破壊も甚だしい一品です。

XIAOMI Smart Watch Amazfit Stratos (スマートウォッチ) 詳しい情報はこちら(GearBest)
約13,000円(平成30年4月28日現在)

こちらもBluetoothを搭載し、スマートフォンと連携ができるスマートウォッチです。

時計、目覚まし、ストップウォッチ、タイマー、心拍数測定、睡眠測定、スポーツ測定、方位磁針、音楽操作、天気、歩数計、消費カロリー計をこれ1台に備えた、小さいのに高機能な腕時計です。常に画面を点けた状態でも5日程充電せずに使えるスタミナの良さも特長です。

スマートフォンに来た通知をこの時計でも見られるので、ポケットからスマートフォンを取り出さずに通知をサッと確認することができます。更にはバックグランドでAndroidが動作しているので、ごにょごにょするとごにょごにょ出来るマニア心をくすぐる一品です笑

運動をしている時に時間、距離、心拍数などを計れるので、僕のダイエットには必要不可欠の相棒となりました。

そして、ダイエットの役に立ったアプリは以下の通りです。

NIKE Run Club (Android) (iPhone)

こちらのアプリで、僕は毎回のランニングを記録していました。
他のメンバーと距離や時間を競ったり、トロフィーを獲得できるゲーム要素があるのも魅力です。

NIKE Training Club (Android) (iPhone)

こちらのアプリは、家で出来る筋力トレーニングを提案してくれます。
ジムに通いつつ、こちらも平行して行うとダイエットの効果が更に増すでしょう。

更にXIAOMIのスマートデバイスを用いる場合には、”Mi Fit”や “Amazfit Watch”などのアプリが必要になります。
スマートデバイスは各社毎に異なるアプリが用意されている場合がほとんどですので、ご自身のデバイスに合ったアプリを用いるようにしてください。

今後の目標

僕の身長は167cmなので、標準体重は61.4kgです。まずはここまで体重を減らすことを目標にしたいと思います。

61.4kgまで減量に成功した後、この体重を3か月間維持することで身体に定着させます。これがリバウンドの防止になります。

その後はダイエットよりは筋トレをメインに、日頃から運動する習慣を身につけて残りの長い人生を健康的に生きていこうと思います。

目指せイイ男。(ウホッじゃない方です)

終わりに…

最後に飯テロしときますね。皆さんも目指せイイ男・イイ女・イイその他!!

本項で紹介いたしましたダイエット法を試されたことにより発生した身体的・精神的な症状について、筆者はその責任を負いかねます。
ダイエットも無理は禁物、ご自身の身体と相談して、自分に最適な方法でのダイエットを行うようにしましょう。

ハウツーカテゴリの最新記事