解説・名画で学ぶ台湾

解説・名画で学ぶ台湾

のこのこです。

今、Twitterで「#名画で学ぶ台湾」というタグがバズっています!
台湾クラスタの方の中には参加されている方もいらっしゃるかもしれません。

台湾でもFacebookやPTTを通して段々と拡散されつつあるようです。

追記:
今日1日で沢山のメディアに取り上げられ、遂にテレビ出演まで果たしてしまいました…
初テレビが日本ならぬ台湾、しかも全然真面目じゃない話で…良いのか俺?まあいいか笑

更新情報は随時追記していきます!!

名画で学ぶ台湾に物申す

そこで、ひとつ言いたいことが…

 

 

「名画で学ぶ台湾」シリーズを始めたのは俺だ!!!!!!

 

 

 

だから何だよって!?それだけだよ!!
コンビニで弁当温めてもらってる間に後ろに居る人に「あそこで温めてる弁当俺のなんすよww」って自慢したくなるだろ!?あの心理だよ!!

全てはここから始まったのです。

いやでも本当最初は酔っ払って徒然なるままに書き殴っていただけのタグだったので、皆でこんなに乗っかってくれるとは思いませんでした。Twitterの皆さんありがとうございます。これで今度から飲み会で「バズらせたことがある」っていうネタを使えるようになりました!!

僕の「名画で学ぶ台湾」を解説

ということでここ数日バズっている「名画で学ぶ台湾」、早速色々な所で色々な方がまとめてくれているのですが、自分のどうしようもないツイートを投げっぱなしにしておくのもアレなのでここで解説を挟んでおこうと思います。何言ってんだコイツと思ってた方は必見です!!

解説:
僕の住む彰化しょうか県は台湾の中でもかなり田舎で、休日に遊びに行けるような場所はほとんどありません。遊びに行くとなれば大体は隣の台中に出かけるのですが、台中まで出るのが億劫な人はとりあえずカルフール彰化店で暇を潰すことが多いのです。

 

解説:
千と千尋の神隠しでお馴染みの九份きゅうふんですが、意外と交通の便は良いという訳ではありません。台北からの「行き」はまだ良いものの、九份からの「帰り」は大混雑。最寄りの瑞芳ずいほう駅までのバスは超満員で、バスが来たは良いものの既に満員で誰も乗せられぬまま去ってしまうことも。坂の上にあるセブンイレブン近くの九份老街バス停に並べば、時間はかかるものの確実に乗車することができます。

 

解説:
「違規停車逕行舉發」とは、「違法駐車巡邏検挙」、「見回り中に発見した違法駐車を検挙しました」という意味です。台湾の交通規則では路肩に赤線のある箇所は駐停車禁止、黄線のある箇所は駐車禁止のため、こういった所に駐車をしていて見回り中の警察に見つかるとバイクにこの文言が書かれた紙を貼り付けられ、後日自宅に罰金(600元)の払込用紙が届きます。僕も一度やらかしました。皆さんも駐車場所にはご用心…

 

解説:
台湾と言えば士林夜市、士林夜市と言えば台湾。そんな士林夜市はいつ行っても観光客でごった返しています。特に「地下美食区」の混雑っぷりは東京の満員電車のようで、そこに食堂のおばちゃんが大声で呼び込みを掛ける光景は正にこんな感じです。

 

解説:
台北から高雄は距離にして約360km。新幹線なら最短1時間半程で移動できますが、もちろんお金はかかります。僕らジリ貧学生はいつだってバス移動。台北を出て約5時間、ケツと腰に謎の痛みを覚えつつグロッキー状態で到着した人間の目に映る高雄の夜は大体こんな感じです。それでも僕らはバス移動。何故かって?僕はどうでしょう軍団の団員です。

 

解説:
台湾のコンビニに行くと、茶色い液体で満たされた鍋の中に殻の割れた卵が浮いていることがあります。これは茶葉蛋と言って、台湾名物の一つです。簡単に言うとお茶と薬草に漬け込んだ卵なのですが、その強烈な匂いにノックダウンされる外国人が続出。ビールに合う美味しいおつまみなんですけどね。

 

解説:
台北大混雑スポットの一つ、西門町。地下鉄西門駅から中心部に一番近い6番出口はいつ来ても芋を洗うように人で溢れています。

 

解説:
台湾のレシートには番号が振られており、2か月に1回その番号を使ったくじがあります。当選額は200元からなんと1,000万元まで。8桁の番号のうち3桁が合っていれば200元がもらえるため、200元に当たる人はそこそこ多いのです。僕はまだ一度も当たったことがありません笑

 

解説:
世界の奇食でも紹介されることのある臭豆腐。豆腐を発酵させるという独特な作り方と、臭豆腐そのものが発する独特な匂いで敬遠してしまう方も多いのですが、食べてみると意外と美味しいんです。おすすめは揚げ臭豆腐(炸臭豆腐)ですね。ちなみに僕の友達には臭豆腐が好きすぎてツイッターの名前を臭豆腐にされている方がいらっしゃいます。ハマる人はハマる料理なので皆さんも是非一度チャレンジしてみては!?

 

解説:
台北地下鉄とも訳される台北メトロこと台北捷運。ほとんどの路線は地下を走っているのですが、唯一「文湖線」だけは地上を走っています。松山空港を通る地下鉄なので利用したことのある方も多いのではないでしょうか。ちなみに台北駅から伸びる「板南線」から「文湖線」への乗換駅、忠孝復興駅での乗換は非常に複雑で、思わず周りの人にこう聞いてしまうこともあるでしょう。

 

解説:
阿羅哈客運(アロハ交通)は台湾の高速バス会社の一つで、数ある高速バスの中でも1,2を争う豪華な設備を特徴としています。アロハ交通の売りはゆったりとした「總統座」。2列独立シートにどっしりと腰掛けるバスの旅は、きっと快適なものになるでしょう。ちなみに座席に付いているタブレットではAndroid 1.6がなんと2018年の今でも元気な姿を見せてくれます。

 

解説:
多くの台湾のバイクライダーは名古屋走りを遥かに超越する運転技術を持っています。夜なのにヘッドライトも点けず、ウインカーは気まぐれ、逆走なんて朝飯前、信号はフライングスタートが基本。僕も台湾でバイクを運転していて何度も危ない思いをしました。台湾でバイクや車を運転する予定のある方は周りに十分気をつけて運転してくださいね。

 

解説:
日本人の行きたい海外旅行先ランキングではここ数年、台湾が堂々の一位を獲得しています。更に台湾の中で日本人が行きたい場所と言えば千と千尋の神隠しのモデルになったと言われている九份。そんな訳でゴールデンウィークともなると、九份では右を見ても左を見ても日本人ということが多々あります。台湾の方にしてみれば外貨獲得の良い機会でしょう。

 

解説:
うちの大学(國立彰化師範大學)はキャンパスが街中の進德キャンパス、山奥の寶山キャンパスと2つあります。2つのキャンパスは実に4kmも離れており、移動に15分はかかるので結構大変なんです。寶山キャンパスは周囲にマジで何も無いため、ここの寮に住んでしまうと大変ストイックな生活を送ることができます。寶山キャンパスの唯一の良い所は夕日が綺麗な所です。そんだけ!!
管理學院に来ると2年生から寶山キャンパスで講義がありますのでうちの大学に来る予定の皆さんは覚悟しておいてください。

 

解説:
中正紀念堂は衛兵の交代式が見られることもあり多くの観光客が訪れる人気スポットなのですが、中にある博物館には中華民国の視点から見た抗日史の展示があります(日中戦争で日本と中華民国は交戦をしていました)。ちょっとショックかもしれませんが、歴史の一部分というだけですし、今の台湾の方は日本人に対してとても友好的な方ばかりなのでそんなに深く捉えなくても大丈夫。

 

解説:
台湾の大都市と言えば台北、台中、高雄。唯一MRTが無かった台中にも、今年ついにMRTが開業します!!暇さえあれば台中へ行く彰化県民の僕としては楽しみでなりません笑

 

解説:
台湾人男子の髪型って、よく見てると皆かなり似通ってるんですよ。脇を刈り上げて、前髪パッツン!!みたいな。その辺の美容院に行って何も指定しないと漏れなくこの髪型にされますので皆さんも気をつけましょう。僕はいつも写真を持って行って「こんな感じでカットしてください」とお願いしています。

 

解説:
朝から外で爆竹を思いっ切り「ババババババン!!!!」と鳴らしてくるのがいるんですよ。爆竹には色々と意味があって景気が良いような意味合いもあるそうなんですが、頼むから僕の睡眠を妨げないで欲しい。まあウチの壁が薄いのも悪いんですけどね。

 

解説:
台湾をパプワ島みたいな感じで想像されている皆さんに残念なお知らせです。冬は普通に寒いです。暖房設備が整っていないのと床がタイルで出来ているのが相まって非常に寒いです。冬の台湾へは暖かい格好でお越しください。あとパプワ島が何か分かるそこのあなたは漏れなくおっさんです!!

 

解説:
大きな観光地や駅前に行くと必ず居るのがタクシー呼び込みおじさん。台湾ではぼったくりタクシーは非常に少ないので心配することも無いのですが、威勢の良さに萎縮してしまう観光客の方は多いかもしれません。

 

解説:
観光客の落とし物は大きな問題です。台湾の警察の皆さんはいつも連携プレーで落とし物を的確に持ち主まで届けてくれます。そして落とし物が戻ってきて感極まっている持ち主の方を顔写真付き実名報道するのが蘋果日報(アップルデイリー)。なかなかファンキーな新聞社です。

 

解説:
楽しい台中からの帰り道、何も考えずに電車に乗ると彰化駅の一つ手前の成功駅で海側へ分岐して追分駅へ行ってしまう成追線に乗ってしまうことがあります。同じ色の電車なので中々区別がつきにくい。僕はバカなのでよくやらかします笑

 

解説:
有名な台湾マッサージ、ツボを思いっ切り押されるのが特徴です。血管潰れんじゃねえの!?って思うほどの力の強さに、マッサージ終了後は確実にヘロヘロになってしまいます。これが効くらしいんですけどね。

 

解説:
今年(2018年)から、台湾では環境保護のためプラスチックの袋の無料提供が禁止となりました。袋が必要な場合は1元を別に払う必要があります。何も考えずに手ぶらで買い物に行くとこういうことになりますので、エコバッグを用意しておくのが良いでしょう。

 

解説:
台湾の大学の授業は、1時間目が朝8時から。この1時間目の授業を中国語で「早八」と言います。朝から難しい話をされても学生の脳みそはまだ目覚めていませんので、教授の講義が盛り上がるほど学生の眠気もピークに達していきます。気が付いたら起きている学生の方が少ないことも。ちなみに僕は朝昼夜関係なくこんな感じです。

 

各所の反応

なんと台湾の大手新聞社・自由時報に報道されていました。記事はこちら
他にもFacebookの有名ユーザー・空氣少女注意報さんが紹介してくれていたり(こちら)、Togetterや台湾のサイトなどでまとめられていたりと一大ブームとなっているようです。巡り巡って僕の大学の先輩のところまで回ってきたり、ネットって面白いなーと思う限りです。

何はともあれ日台友好に少し貢献できたみたいなので、満足満足。皆さんもネタがあればどんどんこのタグを盛り上げて行ってくださいね!!

追記:今日1日で台湾中のメディアを騒がせたようなので、改めてこちらにまとめておこうと思います。

新聞社・テレビ局

蘋果日報(ネットニュースYouTube)

自由時報(ネットニュースYouTube)

三立新聞(ネットニュースYouTube)

中華電視(ネットニュースYouTube)

ICOMOVIE(ネットニュース)

Shopping Design(ネットニュース)

TVBS(ネットニュース)

電腦王阿達(ネットニュース)

東森新聞(ネットニュース)

聯合新聞(ネットニュース)

亮新聞(ネットニュース)

哈哈台(ネットニュース)

今周刊(ネットニュース)

今日新聞(ネットニュース)

鏡週刊(ネットニュース)

新浪新聞(ネットニュース)

中天快點TV(ネットニュース)

中時電子報(ネットニュース)

ソーシャルサイト

Dcard(掲示板)

Disp BBS(掲示板)

PTT / 批踢踢實業坊(掲示板)

巴哈姆特(掲示板)

 

 

 

日常カテゴリの最新記事